冠婚葬祭のおはなし

【 Tailor  Fukuoka  Shinjuku  Biog 】

 

みなさん こんにちは。

新宿店の小竹です。

 

IMG_8221_1

 

冠は成人式。

婚は結婚式。

葬はお葬式。

祭は先祖供養。

これらを合わせて冠婚葬祭といいますが

私は以前に葬にあたる葬儀の仕事を

していた事があります。

 

 

礼服をご購入される方もいらっしゃるので

ご葬儀でのマナーなどについて

少しお話したいと思います。

 

葬式 イメージ

 

今回はご焼香の作法についてです。

 

仏式のご葬儀で必ず行うのがご焼香です。

式場などの立礼でのご焼香の際は

ご自分の席を立ち

焼香台に向かいます。

ご自分の順番になったら

ご遺族様に一礼します。

次に式壇に向かい一礼します。

焼香台の前に行き

式檀に向かい一礼します。

抹香(香木を細かくした物)を

右手で少しつまみ

香炉の中の炭の上に静かにのせます。

(お数珠を持つ時は左手で)

みなさんが一番戸惑うのがここだと思います。

何回抹香をのせればいいのか

分からないと思います。

これは宗派によって回数が違うので

正しい回数の答えはありません。

1回の宗派もあれば

2回の宗派もありますので

あまり気にされなくて大丈夫です。

 

焼香 イメージ

 

ご焼香で大切なのは煙なのです。

仏式でのお清めは煙です。

(お塩は神式です)

煙で自分自身を清めてから

初めて故人様に手を合わせる事が

出来るのです。

故人様に感謝を込めて手を合わせ

礼拝します。

席に戻る時は

式檀に一礼して

ご遺族さまに一礼してから

ご自分のお席にお戻りください。

 

ご葬儀は突然の事なので

間違えて当たり前です。

完璧に行うよりも

故人様に出会えた事に感謝する気持ちを

大切にして下さい。

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram

日時:2018年11月20日 11:43 |