毛芯って何?

今日は、久々オーダースーツの話です。

オーダースーツ(スーツ)の「毛芯」ってご存知ですか?

※※オーダースーツ屋さんの社長ブログになのに、※※
※※スーツ絡みの話が少なくてスイマセン・・・    ※※

毛芯とはスーツ上着の前身ごろ(前側の胸から腰にかけてのパーツ)の

内部に使用されている、副素材です。

090415kesin01

 

画像では、無理やり?折り曲げて分かりやすくして?いるので

かえって分かりにくくなっているかもしれませんが・・・

赤線で囲った部分「毛芯」部分です。

 090415kesin03

当社でもユニバーサルモデルの「イタリアンクラシコ」オーダースーツには

イタリアから輸入した「毛芯」を使用したり、アッパーモデルの毛芯は

シーズンやモデルによって使い分けたり、色々工夫をしています。

090415kesin02

 

よーく見て頂くとわかるように、結構「生なり」っぽい色をしています。

ウールや綿、化学繊維を混紡してつくるのが一般的な材料ですが、

一番高級とされているのは、「馬の尻尾」を使用している

「本バス」と言われる毛芯です。硬くてハリがあるのが特徴ですから

英国調のバリッとしたスーツには、良く馴染む副素材です。

※当社では現在本バス芯は使用していません※

 

オーダースーツでも、「柔らかさ」や「軽さ」「着心地」が重視されるので、

接着芯が活躍する時代になりました。最近の接着芯は性能も上がり、

イタリアっぽい仕立てはむしろ接着芯が向く場合も多いです。

「どっちが良いの?」と聞かれれば、

「ご希望のスーツのテイストによります。」としか答えられません! 

 

それぞれの良いところを活用して、お客様のニーズに合うモデルを

これからも作り上げていきます。

 

福岡 良介

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram

日時:2009年04月16日 19:08 |