瑞々しいパンクブルース

【Tailor Fukuoka Shinjuku Blog】

 

夜のBGMに鈴虫も悪くないなあ

と思いつつも、ドカドカCDを流しながら

初秋の夜長を過ごしております今日この頃。

 

皆さまこんにちは。

新宿店の瑞々しさ担当こと斉藤です。

 

めっきり日が短くなり、

秋は夕暮れからの夜長を

楽しめる季節が始まろうとしております。

いえいっ!俺の季節だぜ!

マイ ジェネレイション!ピート!

 

というわけで皆さまお待ちかね

約半年ぶりの斉藤音楽ブログです。

 

本日のご紹介はこちらの方。

 

ベンジャミンブッカー

 

その名をベンジャミン・ブッカー。

「ブッカー」と聞くと

ソウル好き、ブルース好きな人なら

耳なじみのある名前かもしれません。

しかしそのどれとも異なり、

唯一無二のしゃがれた声は

ブルース・R&R・ソウル・パンクに

基づいた楽曲の中で異彩を放ちます。

 

ベンジャミンブッカー

 

ハウリンウルフやジョン・リー・フッカー

のようなだみ声よりも、

マジックサムやサム・クックのような

伸びのあるソウルフルな透き通った声を

好む斉藤でしたが、

ベンジャミン・ブッカーのだみ声は

なぜだかお気に入りとなりました。

 

それはきっと表題にも挙げましたが、

だみ声の中に「瑞々しさ」を

感じたからだと思われます。

分かりやすく言うなれば、

枯れたとげのあるハスキーでなく、

水気に満たされた安心するハスキー、

とでも言いましょうか。

 

ベンジャミンブッカー

 

Oasis(オアシス)のフロントマン

リアム・ギャラガーが時折みせる

だみ声に通づるものもあります

(だからすんなり聞けたのかと)。

 

28歳を迎えた2017年に

リリースされましたセカンドアルバム

「WITNESS」。

 

ベンジャミンブッカー

 

シンプルな音にこだわり

3ピースバンドスタイルを貫いた

ファーストアルバムとは

またグッと雰囲気が変わり、

HIPHOPやゴスペル要素も混ざり合い

傑作となっております。

斉藤一押しの楽曲は、

タイトル曲「WITNESS」です。

 

というわけで長くなってしまいましたが、

「ベンジャミン・ブッカー」

ぜし、聞いてみなはれやっ!!

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram

日時:2017年09月30日 10:00 |