今季こそは・・・。

【Tailor Fukuoka Shinjuku blog】

 

やっと涼しいぜいっ!

と思ったらあいにくの空模様が続く模様。

なんて日々模様だっ!!

 

皆さまこんにちは。

新宿店のモッズコト斉藤です。

 

なかなかに短いスパンで

スタッフブログに再登場して早々ではありますが、

みなさまも秋冬のお買い物真っただ中でしょうか。

そうそう、焼き芋とかさ、サンマとかさ、

秋になると買っちゃうのよねー。

つい。おいしくて。つい。てへ。

・・・じゃなくてっ!お洋服のお話です。

 

やはり私も好き者ですから、

休日まるっとショップ巡りに

費やす日々が続いております。

今ですと、続々と重衣料が並び始め

テンションあげぽよです。

やっぱり秋冬モノが好きです。自分。

 

というわけで、今季こそはと

思いながらも、いい出会いがなく

恒例のように来季に持ち越しているアイツを

性懲りもなく、今季も捜し歩いております。

 

ジャン。

 

5568_011

 

それは「モッズコート」と通称されるもの。

いわゆる「M-51 フィールドパーカ」。

元はアメリカ陸軍の極寒地用パーカです。

 

Q.なんでモッズコートって言うの?

A.モッズの兄ちゃんたちがこぞって着てたから。

 

quadrophenia_1844362b

 

いきなりQ&Aコーナーが始まりましたが、

ほらーみんな着てるー。

モッズとは50年代後期から60年代英国の

カウンターカルチャーのひとつです。

ちなみに中には仕立てのスーツを着てます。

それらを汚さないがためにこのコートを

羽織っていたようです。

 詳しくは、映画「さらば青春の光」をみるべし。

 

そうこうしているうちに、

レディースファッションにも

落とし込まれ、いよいよ市民権を得て、

今日ではカジュアルファッションアイテムの

ひとつとして大衆的になりました。

そのため厳密に言うと「M-51」の

ディテールが踏襲されていないものまで

「モッズコート」と呼ばれていることも

少なくないです。

 

さらにそのM-51の前身である

「M-48」と呼ばれる型もあります。

 

IMG_0143-コピー

 

こちらは、USミリタリーウェアを

レプリカ版としての表現を得意とするブランドが

BEAMSとダブルネームで

展開しているM-48 フィールドパーカ。

1940年代のリアルヴィンテージのものを

かなり忠実に再現しております。

その加減が男心をくすぐります。

M-51と何が違うのー?系の話は

ものすごく長くなるので割愛です。

 

そして今季こそは、イイものが

買えそうな予感なのです。

毎シーズン斉藤の男心をくすぐってくる

イニシャルK.S.のものに

目を付けている段階です・・・

(わかる人にはわかる)。

 

というわけで、秋冬物のお買い物が

楽しくなる時期のご報告でした。

皆さまもよい散財を。

 

 

-----------

コラムや写真など

 コチラから

Tailor Fukuoka

Facebook Instagram

tailor-fukuoka-facebook tailor-fukuoka-instagram

日時:2017年10月14日 13:48 |